PAGE TOP

㈱ジャパンアグリウェアハウスは、一次産業を通して「地域活性化支援」を目指し「健康・経済・環境・暮らし・福祉」を旗印として社会に貢献する活動を行なっております。
“農のある暮らし”のポータルサイト 鹿児島県鹿屋市上高隈町1910-3  TEL:0994(45)5689
 各種お問い合わせ メールフォーム






教育・福祉

ふるさとの会では、青少年に対して農業や自然環境を通じて人と交わり、環境と共生することにより健全育成を行なうと同時に、高齢者に対して青少年との世代交流を深める事に関する事業を行なうことにより、環境保全と循環型社会の構築を通じて地域の活性化と新しい生活文化の創造に寄与することを目的としています。




青少年育成

学び舎農学校による自然との融合性による農業教育
■農業から学び取る命の尊さに対する教育
■ボランティア精神による共生の考え方育成
■四季折々の天地自然との密接に関わる心のゆとり教育
■高齢者との心の触れ合いによる親、年配、先輩後輩への尊敬、感謝の教育
■いじめ、不登校、落ちこぼれ、引きこもり等の悩みのケア教育






子どもの健全育成


農のある暮らし研修会
■田舎暮らし講座セミナー
■スポーツ講座セミナー
各種イベント開催
・夏休み親子ふるさと体験ツアー
・みんなで魚村グリーン・ツーリズム
・農山村体験プラン
・自然観察ツアーなど






高齢者ケア


■高齢少子社会の進行による、これからの自分のライフスタイルを考える
■元気で長生きを実現するための第一条件である安全な食べ物
農のある暮らしの自然環境、人間環境、そしてゆとりのある生活
■青少年との触れ合いによる人間社会の意義、生活環境の見直し、そして将来の希望
■青少年との共生による将来における老後の安心、心のケア






障害者・人生再起ケア


■夢・希望・目標への挑戦
■ふるさとの会の中での事業促進
■人間環境や自然環境による、心のケア
■農業を第一義とする(倒産・リストラ・都会から離れて「農のある暮らし」に興味をもっている人)







その他への取り組み


児童・少年・青年への教育募金等への投下


■人材育成に対する支援
■食育に対しての情熱と真剣な取組への支援
■地域活性化への貢献度と将来の進行支援
■将来の展望を補う人材への投下



経済活動の活性化


学び舎農学校の開設
■【農産物販売システム】 の実施



その他の事業


■事業の活動資金を得るために行う収益事業の促進
■会員間の相互補助のための福利厚生や共済事業の促進








Copyright (C) Japan Agri Warehouse. All Rights Reserved.